忍者ブログ
高良神社余話ーーどう読む? 「こうら」 or 「たから」
   高良神社と書いて何と読むか? 漢字自体は簡単であるが意外と読めない。「こうら」それとも「たから」?
   インターネット上で、愛媛県のとある高良神社に「たからじんじゃ」とルビがふってあった。読み間違いか、それとも本当にそう読むのか? また、さる八幡宮の宮司さんが自社境内の高良神社をどう読むか分からなかったという話を聞いたこともある。
   さて、人名でも高良さんという方がいる。『南路志3』で高良神社探しをしていたら、突然次の記事が飛び込んできた。

   琉球国から漂着した高良(たから)長峯という船頭の名前である。久留米地名研究会の古川清久氏によると、沖縄県では「たから」、鹿児島県では9割方「こうら」であるという。そう言えば俳優の高良(こうら)健吾は熊本県の出身。NHKの『LIFE』というテレビ番組において、熊本弁でしゃべりまくり、天草のイルカウォッチングを紹介してくれていた。
   いずれにしても、高良という名前の淵源を探ってみる必要がありそうだ。


拍手[2回]

PR
【2018/03/09 00:27 】 | 高良神社の謎 | 有り難いご意見(0)
<<国府(国衙)跡ーー内裏(ダイリ)中にコフラ塚あり | ホーム | 愛媛県の高良神社①ーー伊豫岡八幡神社 境内社>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>