忍者ブログ
古代官道ができる前は水運がメインだった
  『日本書紀』推古21年(613年)条の「難波より京に至る大道を置く」を根拠とすれば、7世紀初頭には既に、古代官道の整備が始まっているようである 。当然ながらこの時代であれば九州王朝の京(山口県の豊浦宮か?)が基点となって官道が造られていったはずである。九州王朝が東日本経営に乗り出す第一歩として、副都としての前期難波宮の建設と交通網としての山陽道の整備であった。
  当然ながら、それ以前は海上交通がメインであった。関西方面へは瀬戸内海の船による移動となるが、船の寄港地となる古代の津がどこにあったか?  それを調べることで、九州王朝が進出していった足取りが掴めるかも知れない。
  古代において、天然の良港とされるのはラグーンや大河の河口である。実は高良神社の分布と古代の津がよく一致していることに、最近気づいた。

拍手[0回]

PR
【2018/05/27 11:58 】 | 古代南海道を探せ | 有り難いご意見(0)
<<朝日輝き、夕日さす…… | ホーム | 高知県西部(幡多地方)に集中する白皇神社>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>