忍者ブログ
  • 2018.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2019.01
『三国長吏家系図』の聴徳三年
  高知県西部、幡多地方の白皇神社と白山信仰とのつながりを調べようと『白山信仰の謎と被差別部落』(前田速夫著、2013年)を読んでみたが、当初から感じていたように、積極的な関連性はなさそうに思われる。調査は振り出しに戻ってしまった。
  けれども、副産物として九州年号「聴徳三」年の発見があった。ホームページ「新古代の扉」にも紹介されているが、『ニ中歴』にはなく不明とされ、聖徳(聖聴・正徳・聴徳・宗朝・聖暦)<己丑・舒明一・六二九>六年間」など表記もまちまちである。「聴徳三年」(長吏由来之記)の年号と同系列の史料と思われるが、異なる部分もあるようなので、写本の類縁関係を調べる上では役立つのではないだろうか。九州年号というより、古代逸年号と言うべきか?
  合田洋一氏は新刊『葬られ驚愕の古代史』の中で「舒明天皇は九州王朝の天子」としており、年号改元と即位年が一致していることは整合性があると言えるかもしれない。

  『白山信仰の謎と被差別部落』49ページ(第3章の「山哉が発見した三国長吏由来記」)に引用されている。信州埴科郡戸倉村の旧長吏小頭宅で菊池山哉が筆写した『三国長吏家系図』という巻物に書かれており、「一、安楽経ニ曰ク~」以下の文中に登場する。

  「舒明天皇ノ御宇、聴徳三辛卯季十月二十八日丑ノ尅ニ、和塵シテ之主・聖武天皇ノ御子出生シ給フ」(『三国長吏家系図』より)

拍手[0回]

PR
【2018/06/06 10:45 】 | 九州年号見つけた! | 有り難いご意見(0)
<<神社合祀令に反対した南方熊楠 | ホーム | 愛媛県の高良神社⑤ーー高家八幡神社 境内社>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>