忍者ブログ
死んだらわかるけど、それでは遅い
「母の守り神は聖姫大神でした。その名前や柔らかい話し方からして、てっきり女性神と思っていました。~聖姫大神に『あなたは男性だったのですか?』と尋ねたところ、『そうです』という答えが返ってきて、驚いたことがありました」。


  今回は学問的な話ではないので、楽に聞いて下さい。最近発売された『死んだらわかるけど、それでは遅い』(北谷真雄著)という本を「先に読んでみて」と妻に言われ、読み始めました。
  すると、冒頭の体験談です。丁度、ブログ「ひぼろぎ逍遙」で姫大神は男性神という話題を目にしていたところだったので、不思議な引き合わせを感じたのです。
  父親の事故をきっかけに、霊通するようになったお母さん。自宅を神道の教会にして人助けし、著者自身も小学生のころから霊的な体験を重ねてきた、そのいきさつなどが書かれていました。


拍手[1回]

PR
【2018/02/08 13:25 】 | キリスト者の神社参拝 | 有り難いご意見(0)
<<ここが本当に高良神社?ーーin 香川県 | ホーム | 佐川町の鯨坂八幡宮>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>