忍者ブログ
石鏃出土の最多は唐人駄場遺跡
『幡多のあけぼの 考古学よもやま話』(木村剛朗著、平成3年)は高知県の縄文時代を知る上で欠かすことができない一冊だ。その中で「石鏃が最も多く出土する遺跡は、足摺半島の先端部近くにある唐人駄場遺跡と、中村市蕨岡の奈路駄場遺跡である。この遺跡で採集された石鏃は数百点にものぼる」としている。
唐人駄馬
 唐人駄場遺跡と言えば、かつて古田武彦氏が縄文時代の灯台とされる鏡岩の調査に来られた場所である。巨石群が天然のものか人為的に配置されたものかは議論があるところだが、縄文時代における一大中心地であったということは専門家も認めるところである。
 一方の奈路駄場遺跡は現在は四万十市蕨岡の高良神社が鎮座する川の対岸にある。縄文〜弥生時代の遺跡で、栗の実型の首飾りが出土している。幡多国の中心部が四万十川流域に移行してきたのだろうか?

拍手[0回]

PR
【2018/07/25 00:20 】 | 教科書 | 有り難いご意見(0)
<<オーテピアの図書館に『古代に真実を求めて21集』 | ホーム | 土佐国分寺の古瓦は13弁菊花紋>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>