忍者ブログ
土佐国分寺の古瓦は13弁菊花紋

 久留米市の犬塚幹夫氏の調査によると、
単弁十三弁蓮華文軒丸瓦が出土する遺跡は次のように筑前・筑後を中心として北部九州に分布しているという。


筑後国分寺跡(久留米市)、堂ヶ平遺跡(広川町)、太宰府史跡(太宰府市)、鴻臚館跡(福岡市)、宝満山遺跡(太宰府市)、浄妙寺(榎寺)跡(太宰府市)、筑前国分寺跡(太宰府市)、菩提廃寺(福岡県京都郡みやこ町)、豊前国分寺跡(福岡県京都郡みやこ町)



 古賀達也氏が九州王朝の家紋ではないかと推定している十三弁の花紋が、土佐国分寺古瓦ノ図として『皆山集2』に掲載されている。やはり九州との深い関係があるかも知れない。また、布目瓦も出土していることから奈良時代のものと推定しているようだ。

拍手[0回]

PR
【2018/07/23 19:44 】 | 古代南海道を探せ | 有り難いご意見(0)
<<石鏃出土の最多は唐人駄場遺跡 | ホーム | 水が逆流するから逆(さかさ)川?>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>